風林火山 VS 太陽王

風林火山 🆚 太陽王
青赤 🆚 黄
過去の歴史を紐解くと様々な因縁がある両チームの戦い
結果は0-2

柏の安定した戦いに終始した90分だったJ1第10節 ヴァンフォーレ甲府 🆚 柏レイソル。

スカパー解説で現場で見て感じたことを試合後解説❗️

まず、内容を一言で言うと甲府の完敗。

柏の自信に満ちたサッカーに手も足も出なかった感があった。
怪我人が多数出てしまい、野戦病院状態でメンバー構成にも難しさはあったと思うが、2シャドーの一角に福田を入れたものの機能しなかったのが相当痛かった、、、。
慣れないポジションで久し振りの出場になった福田も自分の持ち味とはあまりリンクしないポジションで残念ながら、ゲームから消えてしまっていた。
後半開始から福田⇨チュカを入れ、河本を1列落としたことで、前半の不慣れなポジションでボールを失うことが多かったのが嘘のように積極的にプレー、チュカも1トップで持ち味を出していた!
怪我人の影響で本来のポジションではないところでの出場で!というのは簡単だし、怪我人が!怪我人が!とあまり言ってしまうと、今出ている選手のモチベーション問題にも発展しかねない、私が現役時代もバレーが怪我をして、回りは「戦力ダウンですねっ」と言うのを耳にすると、「いやいや、俺がいるだろ💢」と声には出して言わなかったが、心中穏やかではなかったのは事実だ。

0-2というスコアだったが、崩されまくったという内容ではなかったのもあるが、それ以上に勝利を得れる確率があったかと言うと、やはり完敗という表現が妥当だなと思う。

一気に若返りを計り、アカデミー出身の選手が多数いる柏、甲府はと言うと0!
この差は0-2以上の差を感じた。

それでも、今季のアカデミーでU12の日本1という快挙があり、今後の育成に一筋の光が見えていることも事実!

柏のようになるまでには、まだしばらく時間がかかりそうな気配も感じるが、一歩ずつ歴史を積み重ね、クラブの哲学が浸透していくのをサポートしていかなければならない。

試合後はベテランの域に差し掛かってきた甲府時代に一緒にプレーした増嶋竜也選手と話をした。

結婚して子供が生まれ落ち着いた雰囲気を醸し出していたが、まだまだ若い選手には負けないぞというそんなオーラを感じた。
若手の勢い、そしてベテランの経験、落ち着き、今の柏は上手くそのバランスが取れている、5試合連続完封勝利も頷けるなと思った。Evernote Camera Roll 20160505 011813